農作物・人的被害からの回避

2018年1月より鳥獣外対策装置:逃げまる君の販売メンテナンスを始めました。

モニター機の希望の方は永光電設 079-232-7887 までご連絡ください。

名称:逃げまるくん

近年、猪はじめ鹿、猿、ハクビシン、熊等々、これらの動物による被害は農産物を含め人的被害まで及んでいます。

天災や気候の歪みから、農作物の生産量が大きく左右される中、同時に山中で生息する動物たちの主食も満足に捕食できていないのもあるかもしれません。

そんな動物たちが山を下り、農業者の産物を食い荒らし、また人間を襲うまでに状況は年々悪化しています。

そこに助っ人として実験を重ね効果の実績を得ている(右写真)逃げまるくんの販売をはじめました。

 

照射イメージ



製 品 特 徴

移動が容易に可能

100Vコンセント型、ソーラー充電バッテリー型の二種類がラインナップされ電源のことに悩むことがありません。

威嚇レーザー

夜間行動する動物は目を守る習性があり、その弱点をレーザー光線により脅威にします。(照射距離200m)このレーザー光線は国の定める基準R3であり特に人体に悪影響はでませんが、直視することは禁止されています。

レーザー寿命

その10,000時間までは保証あり。

レーザーの寿命は約10,000時間。